自分でデザインしたオリジナルの紙袋を作ろう

私達に任せて下さい

広告としても

袋の役割

アパレルや雑貨屋によって買った商品を入れる紙袋は異なってきます。
紙袋は、購入した商品を入れるために利用されますが、その袋を日常生活で利用することも可能です。
昔は商売をする時には、商品を入れるためだけという目的でしか袋は利用されていませんでした。
しかしながら、最近では、その企業ブランドのイメージを作る為である場合や、広告のために作ることも増えてきています。
特に女性の場合であれば、ショップバックとも呼ばれる紙袋を再利用して私物を入れて日常生活で利用する人もいます。
そのような使い方をする人が増えてきている分、企業も広告のツールとして、袋のデザインや形などに力を入れるようになってきています。

オリジナルで

袋を作るときには、その素材や形、サイズや色などから考える必要があります。
特にオリジナルで作る場合であれば、その袋に印刷するデザインから考えて作ります。
袋といっても、ナイロンの袋や紙袋など様々ですが、アパレルのショップや企業で使用されているものの多くは紙袋です。
紙袋の場合であれば、袋や手提げ紐もしっかりしている為、重いものを入れても持つ部分が破れることも少ない傾向にあります。
また、ナイロン素材のものに比べても、素材が紙であるぶん印刷がしやすいというのも特徴の1つです。
使用する目的に応じて袋の素材も考える必要もあります。
最近ではオリジナルの袋を制作してくれる会社もあり、その素材やサイズなど細かい部分まで選んで作ることが可能です。

宣伝効果は高い

紙袋は、よりデザインや素材に凝って作ることによって、持ち歩く人も増えるので、その分かなり宣伝効果が高いとされています。ショッピングバックとして新たに制作するのであればデザインなどにこだわると良いでしょう。

Copyright © 2015 自分でデザインしたオリジナルの紙袋を作ろう All Rights Reserved.