袋の種類 | 自分でデザインしたオリジナルの紙袋を作ろう

自分でデザインしたオリジナルの紙袋を作ろう

光を反射する茶紙

袋の種類

ショップバック

普段百貨店やファッションビルで買い物をした時には、紙袋に購入した商品をいれてくれることがほとんどです。
その商品のブランド力をより高めるためにも、紙袋の素材やデザインはかなり重要なものになってきます。
特にブランド化されたショップの紙袋であれば、普段自分の私物をその紙袋にいれて持ち歩く人も増えるので、街を歩いていて多くの人の目に触れることになります。
お客さんによっては、紙袋が可愛いからこの店を選ぶという人や、その店の袋が欲しくて商品を購入するという人もいます。
これからオリジナルで袋を作ろうと考えている場合でも、より凝ったデザインや素材、形にすることによって、多くの人を魅了することができるといえます。

手無しのもの

大きなものを入れる場合や持ち運びの際には、手提げ紐がついた紙袋が便利ですが、小さいものを入れる時にはてなしの紙袋を利用します。
手無しのタイプは、小さなアクセサリーや雑貨を入れるときや、食品でも購入量が少ない時に利用されます。
この場合であれば、デザインというよりかは実用性を重要視しているデザインが多いです。
最近では、スーパーやドラッグストアもエコ思考の高まりの為、袋が有料になる場合が多いですが、小さいものであれば無料で小さい紙袋に入れてくれることがあります。
手なしの場合は持った時に片方の手が塞がれることが多いので、もしオリジナルで制作する場合は手提げ紐のついたタイプを選ぶのが良いでしょう。

Copyright © 2015 自分でデザインしたオリジナルの紙袋を作ろう All Rights Reserved.