目的は様々 | 自分でデザインしたオリジナルの紙袋を作ろう

自分でデザインしたオリジナルの紙袋を作ろう

光を反射する茶紙

目的は様々

A4サイズ

エコ思考の高まりによって、ナイロン素材の紙袋よりも、再生できる紙袋の人気が高まってきています。
その中でも最も多くのシーンで利用されているのが、A4サイズの紙袋です。
鞄でもA4サイズのものが入るか入らないかは、鞄を決めるときの目安になりますが、紙袋も同様です。
A4サイズが入ることによって、鞄と同様の効果をもたらすので、普段書類などをいれるのにも重宝します。
A4サイズに加えて、デザインも可愛いとなるとお洒落に持ち運ぶことが可能なので、多くの人から求められます。
もし、ブランド広告も行いたいのであれば、デザインに加えてA4サイズが入る紙袋を製作すると良いでしょう。

ボトルサイズ

プレゼントでボトルのお酒などをプレゼントするのに利用されるのが、ボトルサイズの紙袋です。
この袋の場合であれば、通常のものに比べると細長く作られているのが特徴です。
ボトルをそのままでプレゼントするよりかは、紙袋に入れてプレゼントした方がもらった人も持ち運びしやすくなります。
また、ボトルサイズの紙袋をオリジナルで作るときは、持ち手の紐も頑丈なもので作る必要があります。
ほとんどのボトルはガラス瓶で出来ているので、必然的に重さもでてきてしまいます。
ボトルサイズの紙袋は入れるものも考えて作ると良いでしょう。
最近では紙袋製作会社でもボトルサイズのものを作ることができるので一度ネットで探してみると良いでしょう。
このように、紙袋は目的や入れるものに合わせて作ることで、長い間多くのシーンで利用することが可能です。

Copyright © 2015 自分でデザインしたオリジナルの紙袋を作ろう All Rights Reserved.